簿記3級 勉強方法

簿記3級 勉強方法について

簿記3級はかるく合格しておきましょう。

社会復帰や再就職の際にあると有利なのが資格です。資格は手に職があるという
証明でもあり、就職や転職あるいはブランク明けの社会復帰も簡単にできます。

そんななかでも簿記は、事務職として働く人には必須の資格になります。いずれは
簿記2級そして1級取得に挑戦したいところですが、まずは3級を確実にgetしましょう。

簿記3級についての基礎知識

簿記は、企業の記帳作業を行えることを証明する資格です。

簿記3級を取得すると、

『個人事業主による仕分け作業、財務諸表(損益計算書、貸借対照表)の作成』
ができるようになります。

そのため事務(特に経理)で働く人にとっては必須の知識ですし、最近は会社の
数字を理解できることは大きなアドバンテージになるため経理以外の一般のサラリー
マンでも簿記の勉強をする人は多いです。

また、簿記で身につけた知識はさらに難易度の高い税理士や中小企業診断士、
ファイナンシャルプランナーなどの資格試験を受験する際にも役立つ知識なので、
経理・会計系資格のエキスパートを目指す人にとっては登竜門的な位置づけの
資格といえます。

★簿記3級の合格率は約30%、試験は年に3回(2月/6月/11月)行われています。

★簿記2級と3級は同時受験が可能なので、簿記3級の勉強は簡単すぎたという人は
同時に受験するという選択肢もありますから検討してみて下さい。

★ちなみに学習期間の目安としてはまったくの初学者(初心者(では3ヶ月程度、
数字に強ければ1ヶ月でも可能です。

簿記3級 勉強方法カテゴリー

簿記3級試験とその対策

簿記3級試験の内容の詳細

【簿記というのは日商簿記のことです。】【簿記3級の難易度と合格率】【簿記3級試験の基本データ】【試験範囲と出題傾向】

難易度・合格率・勉強時間の詳細

【簿記3級は簡単だとはいうけれど・・・】【簿記3級に合格する人、不合格になる人】【簿記3級合格までの勉強時間】

簿記2級もあわせて取ろうの詳細

【企業では簿記2級が採用条件の最低ライン】【簿記2級と3級の違い】【簿記2級と3級をダブル受験&合格】

簿記資格と就職の詳細

【簿記3級は実務レベルでは意味がない!?】【簿記検定は他の資格取得に役に立つか?】

簿記3級の勉強方法

簿記3級の独学の詳細

【簿記3級は独学で大丈夫?】【日商簿記3級のおすすめテキスト・問題集・過去問】【独学のメリット・デメリット】

通信教育・通信講座の詳細

【通信講座の選び方】【通信教育メリット・デメリット】【おすすめ通信講座】

通学の詳細

【通学して勉強する】【通学のメリット・デメリット】